【ショック!】米肌でニキビ肌が悪化する?その驚きの理由と改善方法とは

米肌は化粧品業界の大手「コーセー(KOSE)」から販売されている基礎化粧品です。

そんな米肌を使って「ニキビ肌が悪化した!」といった口コミを発見してしまいました^^;

もし事実なら現在使用中の方、または購入を検討中の方にはショックですよね・・・。

 

そこで今回の記事では本当に米肌でニキビ肌が悪化するのかを詳しく調べてみました。

是非参考にしてみて下さい!

 

米肌でニキビ肌が悪化?

米肌は「ゆらぎがちな年齢肌にもうるおいをもたらす」をコンセプトに作られています。

なので米肌には「お肌の負担となる成分」は出来る限り含まない配合となっているんですね。

ですがそれでもニキビ肌が悪化してしまうのには理由があるですよ・・・。

 

それは米肌の使用方法が悪い!からなんですね。

 

米肌は、それはそれは高品質な化粧品ではありますが、間違った使い方をしてしまうとニキビ肌も悪化するというもの。

ではその間違った使い方をお話しましょう。

 

間違った使い方

米肌の間違った使い方には

  • お肌を強くこする
  • 洗顔後保湿しない

等があります。

もし上記の間違った使い方をすると健康なお肌にニキビが出来る可能性や、ニキビ肌が悪化する可能性が考えられるんですね^^;

なので米肌を使用する際は

  1. 優しく包み込むように馴染ませる
  2. 洗顔後には必ず保水・保湿

を心がけて下さい。

これだけでもニキビ肌の悪化は防げるかもしれませんよ^^

 

米肌の成分はニキビ肌に良い?

そもそもニキビ肌は何故出来てしまうのかご存知でしたか?

実はニキビ肌は「乾燥」が原因で出来るんですね・・・。

ではその乾燥は何が原因なんでしょう・・・?

 

なんとお肌の乾燥は様々な原因が重なって出来てしまうんですね。

例えば

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 水分不足
  • 運動不足
  • 栄養バランスの崩れ

といった生活習慣の乱れが原因だったりもします。

更に

  1. 紫外線
  2. 空気中のチリやホコリ
  3. 排気ガス
  4. 化粧

といった外部刺激でもお肌は乾燥してしまいます。

また、外部刺激にはエアコンや花粉といった季節的な要素も含まれてくるんですよ^^;

このように現代社会に生きる私たちにはお肌に負担がかかる危険性が沢山あるんですね。

なのでしっかりとケアをしなければいけません!

そこで米肌の成分を確認し、ニキビ肌にどのような効果をもたらすのかを調べてみました。

米肌には

  • お肌が自ら潤う力(水分保持能)を改善させる厚生労働省が唯一認めた成分「ライスパワーNo.11」
  • うるおいを長時間保つヒアルロン酸と同程度の働きが期待出来る「大豆発酵エキス」
  • 角質細胞のうるおいを強化する作用でライスパワーNo.11と相性抜群の「ビフィズス菌発酵エキス」
  • 砂漠でも育つイワヒバから抽出されたグルコースとトウモロコシ由来のトレハロースを結合させた「グリコシルトレハロース」
  • 角質のうるおいをサポートするだけでなく空気中の水分も取り込み抱え込む「乳酸Na」

といった保水・保湿成分が贅沢に配合!

乾燥しがちな年齢肌やニキビ肌にも最適の化粧品なんですね^^

 

関連記事

米肌は毛穴ケアに効果無し?気になる毛穴の開きや黒ずみは治せない?